• LIFE

ARTな季節


芸術の秋ですね。

美術好きと言うよりも、美術館好きな私。

だだっ広く、天井の高い空間にぽつんぽつんと作品が飾られていて、

ゆっくり時間が流れているその非日常的な場所に、ふと肩の力が抜けリラックス出来るのを

感じます。

忙しく、とっ散らかった現実からの逃亡(笑)

最近見たのは東京国立近代美術館でやっている「トーマス・ルフ展

こちら、とってもおすすめ!

カメラマンの友人と一緒に見たのですが、彼女も満足しておりました。

ドイツ人の現代写真家のトーマス・ルフは、写真加工を主とした作品で有名。

上は、友人達を撮ったポートレートシリーズ。2メートル近くの大きさに驚きます。

他、NASAが撮影した火星写真を加工し、3Dメガネで見ると立体に見えたり・・・

他もモザイクをかけたような作品だったり、ネガ(懐かしい!)を使った作品だったり・・・

写真って、物を撮るだけじゃないんだ・・・・と。

デジタルを使い、あらゆる角度から見た写真は可能性無限大だと、感じた作品達でした。

今週13日までやっているので、ぜひこの機会に見に行って下さい。

杉本博司の「ロスト・ヒューマン」も13日までで、慌てて新しくリニューアルオープンした東京都写真美術館へ

行ってきました。

考えさせる作品達。

「今日 世界は死んだ もしかすると昨日かもしれない」

と、はじまる33のシナリオと作品が、心に突き刺さります。

33の作品の未来を予測した出来事は、近々ありうるかもしれない・・・・

考えるだけでもぞっとする内容。

日常をバタバタしながら生きていると、人間として産まれてきた大切な事も考える余裕なし・・・^^;

世の中、化する事が良いのか、悪いのか・・・・

子供の未来もあるので、真剣に考えなきゃですね。。。。

おおきなスケールで考えさせられる作品はとっても見応えありました。

ぜひおすすめです!

ARTに触れた、一週間。

こーゆー考える時間は大切ですね。

ぜひ、よきARTにふれてみて下さい。


0回の閲覧